脱毛サロンの経営に向いてる人とは?

こんにちは。
脱毛サロン RUCIA(ルキア)
脱毛専門家の渋井綾乃です。
ご覧頂きありがとうございます。
脱毛サロンが山ほどあるいま、
【本物の脱毛サロン】を見極めるのが、困難な時代になってきました。
そんな中
・脱毛の知識を高めたい!
・毛にコンプレックスがあったから、同じ気持ちの人を救いたい!
などの火傷しそうなほどの熱い気持ちをもった方から脱毛スクールのお問い合わせが多く、嬉しい限りです

しかし、毛への熱い想いはあっては、経営に初心者の自分が脱毛サロンをやっていけるのか?

と、不安に思う。
と仰る方もいらっしゃいます。
その気持ち。
痛いほど、よーくわかります。
私は26歳で起業しました。
なーんも知らないひよっ子娘。
おじ様方の冷たい目線。
怪しい起業セミナー。
間違ったキラキラ起業女子情報。
あ、ちなみに、騙されもしましたよ

何度も(笑)

そんなこんなを乗り越えて、未だに脱毛サロン経営してます。
ここまで来れたコツや経営方法とか聞かれるんだけどね。
正しい事をし、お客さまに結果を残せば必ず報われる。
要は。
利益だけを考えた経営はお客さまの為にならないから、お客さまにもそれが伝わりお客さま離れが生じる。
と、言うことです。
私の想いは、自分が毛がなくなった喜びを広め一人でも多くの女性を救う事。
それを心に想い、お客さまへ確実な結果を残せば、必ず想いは伝わります。

なので、経営者の『毛』の字も知らないひよっ子娘でも食べていけるのです。

←いちいち漢字

大事なのは【想い】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。