毛は魂が宿るもの

ちょっと久しぶりに脱線して毛の話。

日本は髪の毛を神聖なものとして扱う文化なんですよ口笛古来から髪にはその人の命、魂そのものが宿ると言い伝えられていたそうです。

例えば、神聖な儀式、願掛け、祈りなどに用いられたり・・・藁人形に呪いたい相手の髪の毛を入れて釘を打ったりするのはドラマとかでも見た事ありますよね。

フラダンスをする方の髪の毛が長いのは髪の毛に霊力が宿ると言われているから。レゲエの文化でも髪の毛は自分の肉体だから刃物を当てるなんていけない。という教えからドレッドヘアが生まれた。
など、日本以外でも髪の毛は神聖なものとして扱われているんですね。

さらには、髪の毛が長いと第六感が働きやすいとの事も証明されているらしいです真顔

武士が長髪だった理由もいつ、なんどき、敵に襲われるかわからない戦国時代に髪を伸ばす事で敵の殺気をすばやく察知するためのものだったそうです。

しかし、髪を伸ばせばすぐにでも第六感が働くわけではないそう。結局は自分の感性の問題らしい真顔チッ

しかし。そんな神聖な毛をなくす仕事している私は一体・・・・真顔

明日から髪の毛伸ばして第六感が冴えわたって仕方がなかったらごめんなさい真顔

毛の余談でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。